Natioでは「Natioビーズ織りNewメソッド」として従来とは真逆の発想で、織り機と通し針・用具を開発して「簡単に・奇麗に・繊細で」と、今までにない新しい方式のビーズ織りで、皆様に導入されやすい、興味を抱いて頂けるよう開発しました。現在、9種類のビーズを使用可能です。

現在、市販されてる織り機は下からのアプローチのため、指の長さに依頼しています。そのため織り幅も初心者的80mm位から、技術と経験値を要する専門家的な500mm位まで存在します。

上からビーズを置台に入れる、アプローチの方法を逆に変えることで、糸割やこま落としが極端に少なくなり、織り時間も短縮され、初心者の方でもスムーズに織り進められます。そこを可能にしたのが、「織り機」・「通し針」・「用具(ビーズ置台)」の開発と「Newメソッド」の技法です。

ホビーショーではたくさんの方々から称賛のお声を頂きました。この方式の開発にあたり、織り機や用具・カリキュラムなど販売が主体の利益追求ではなくビーズ織りの世界をなじみやすくすることが目的で、技術や経験値での仕上がりの差をなるべく少なく広く普及していただくための開発です。ビーズの種類を増やすことで汎用品や一般使用できる作品を作ることにより使用頻度の高い、「繊細で奇麗な誰にでも作れる」ことを目ざしています。沢山の方々から普及され、ビーズの世界を活性化させてください。

導入方法は、2タイプに分かれます。

 コンテスト・展示会・販売を目的とするクリエイターの方、長年の織りの経験者の皆様は、技法や織り機の使用方法を受講することで、導入できます。

 講習会や教室を運営されたい講師を希望される方は 技法や織り機の使用方法Newメソッド講座のカリキュラムを受講していただき、講習会の運営と織り機・用具・カリキュラムを販売できます。全ての講習が終了し、Newメソッドの講師になられた方はNatioとの卸契約が結べて教室の運営に繋げられます。

 個人的に作品を創る目的で、これからアクセサリー・バッグ・タペストリーの大きなものまでを技術的に習得されたい方は②をお選びいただき、すべての工程を学ばれることを推奨します。

 基本的にNatioでは一般講習は行っておりません。②のNewメソッド講座を受講された方で、指導者講師になられた方から一般の講座を受講していただきます。②を選択され、個人的に極めた作品を創りたい方は「Natioビーズ研究会」へお進みください。

② を選択された場合の利点

修復作業工程を最後の自由課題の時に受講でき、必要な方はポーチ・クラッチバッグ・口金バッグまで仕立ても学べます。また、カリキュラムにも使用される、試作品など一般販売されないオリジナルなビーズ・色彩、和紙・布地・漆のパーツが購入可能になり、オリジナルな作品が創れます。

織り機・通し針・用具だけの販売は想定していません。この技法・織り機を導入される方は受講して「Natio ビーズ織りNewメソッド」の提示が必要になります。

詳細は《Natioビーズ織りNewメソッド》をクリックしてご覧ください。